三菱自動車所有者が見た、「嗚呼やっぱり」な、こんな体験。

car

やっぱり続きで書かないと、と思い、三菱自動車での「?」な経験を書く。

数年前迄、私は「トッポBJ」という車に乗っていた。
この車、中古屋で購入したのだけれど、とにかく、故障が多くて。

覚えているのが、扉のドアオープン部分の持ち手。
ある日、普通に開けようとしたら、バキ!!と折れた。

いや、ありえんでしょ??
ものすごい握力の男性(格闘技系男子?)ならともかく、普通なおばちゃん(と思う)が開けたぐらいで壊れるなんて。
しかも、ここは特別な寒冷地でもなく。そこまでの温度差ない場所なので、弱る原因が見当たらない。
こんなの今までで、この車でしかない。
とはいえ、この時は、経年劣化?と思い、普通に部品&修理費払って修理。

そして、三菱自動車のリコール隠し、発覚。
新聞の紙面を賑わせてたあの頃。

ちょうど車検だったので、なんとな~く、メーカー以外の車屋に車検に出した。
その直後、三菱自動車からリコールのお知らせハガキが届いた。
(やはり、この車も、かい??)
で。三菱自動車ディーラーへと車持っていってリコール部分の修理。

数日後。
車に乗ろうとするとモクモクとエンジンルームから煙が発生!!

かなりビビルよ、コレは。

まぁ、自宅だったので出先でなくてよかった、と早速、市内の三菱自動車に電話。
「ウチじゃありません。車検他に出したんでしょ?ソコだよ、ソコの責任。」とキタ。

あ~、ハイハイ。とりあえず、車検出したとこにも電話。
「煙??いや~、ウチのせいで煙が出ることは絶対にない。だいたいウチの信用問題だ。」
たしかにおっしゃる通り。

困った私、今度は、夫に、三菱自動車に電話させる。
と即答で「無料で直します。」

あのぉ・・・・・ブチ切れるぞ。
男女差別も甚だしい!!!!!!ホンマに。

で、私に再度電話替わって
「翌々日の何時に伺います。担当はBさん、本人ですね?
Bさんが当日ちゃんと手配してくれる段取り?了解です。」みたいなやり取りして、
その当日、Bさん指名して市内三菱自動車ディーラーへと行った。

ら。

「Bは、事前に決まってた出張により不在です。」

・・・・・ヤラレタ。
”謝罪せんといかん現実”とか”面倒くさい客”とかいうのから逃げたんかい!!的な。

まぁ、この後、この件については勿論、「無料で」直してもらい、ことなきを得た、
けれども。
なんかね、企業体質ってこういうトコに出る気がする。

一流と呼ばれる企業って小さな顧客も大事にしてくれる、のだ。
だって、やっぱり、この一件があってから三菱自動車は、車を買い換える際の候補からはハズす自分がいるし。

今回の件もやっぱり、自社だけの利益に固執し、1番大事にすべき、顧客を騙していたワケで。

一時が万事。(今日の教訓)
※わずか一つの物事から、他のすべてのことを推し量ることができる。
一つの小さな事柄の調子が他のすべての場合に現れる。

日産傘下のモトどうなるやら。頑張れ、NISSAN!!(!?)
私は、ひそかに、「NISSAN あ、安部礼司」Fan(笑)