「EM菌は絶対的にイイ」のか。

160605

公共の場である学校や、議員による提唱、自然を愛する活動団体、等からよく名の出てくる「EM菌」。
一時、ホームセンターでも購入可能であったりした為、入手しやすいのが特徴。

ハッキリ言う、が。

”人がイイというからイイに違いない”
程度の認識で使用したり、人に勧めている方。

「キチンと様々な角度で調査、検討し、自分の意識を持って確認、推奨してほしい。」

園芸に関わる人の中で意外と”自分の勝手な想い”を信じ、人へ押し付ける人がいる。

ホームセンターで働いていた当時の出来事。

「トマトの尻腐れ」の症状、は「マグネシウム不足」が原因だ。
なので、それを改善するマグネシウムが入った”苦土石灰”を土壌に撒くのを、お勧めするも、全く聞く耳をもたず、「ワシは今までこのやり方でやってきた。」と”消石灰”(マグネシウム含まず)を買っていく人・・・
なんてのは典型的な「思い込み」例だ。(なので、全く改善されない・・・。)

ある自称「園芸のプロ」の女性と逢ったときも「土には乳酸菌がいい!!」と云い切り、それ以外の土壌改良剤の効能を聞く耳持たず。。。
勿論、乳酸菌もイイのだけれども、固執せずに柔軟に色々取りいれてみる方が、土壌成分には大きな幅をもたらすに違いない、と私は思う。

実は、土壌というのは複雑怪奇で、微生物種類や成分自体も場所によって異なる為、何がどう絡み合って植物にいい結果をもたらすのか、は、専門研究者でもマダマダわかっていないところなのだ。(職場の研究者談)

なのに、自分の「思い込み」で人へ推し勧めるのは、よろしくない。

ちなみに、EM菌の主要研究者である比嘉氏は、EM菌の効果についての外部研究を認めない、と公言している。(EM菌の歴史を遡ると、怪しげな団体も見えてくる。。。)

EM信者の方からは、異論もあろうかと思うけれども、こういう見解もある、ということで参考記事リンクを貼っておく。(外部リンク)↓
http://www.sciencecomlabo.jp/health_goods/effective_microorganisms.html

色んな意見もあると思うが、はっきり言う。
”私はEM菌を推奨する気はない。”

EM団子の河川汚染については立証されているので、数年前に娘、息子の通う公立小学校で、それを作成し、登下校中に何100個もの、EM団子を河川に子ども達が投下した事実を知り、困惑した。

EM菌を使用している、という言葉で「自然を愛する人間」であることを強調する議員の記事にも嫌悪を感じずにはいられなかった。

でも、知らない、というのは、そういうことだ。
そして、知ろう、としないのはとても怖い、ことだ。

たまたま自分は園芸畑にいて、いろいろ知る機会があったから、なのかもしれない、が、何事にも疑問を持ち、納得いくまで調べる、ことが大事なのだろう。

今一度、お願いする。
”EM菌=イイ菌”という認識を何処からともなくやってきた情報で受け入れ、信じ込んでしまってる方。
少しばかりネットで検索でもして、情報を精査し、自分で「考える」ことをしてみて欲しい。