アタリマエのことをアタリマエにする。

表題の「アタリマエのことをアタリマエにする。」は、ここ最近よく聞く言葉。

例えば

  • 何かしてもらったら、「有難う」をきちんと伝える。
  • 人を待たせない。
  • 相手に迷惑をかけたならキチンと謝罪する。
  • 顔見て相手に伝わるように挨拶をする。

・・・etc。

商売をしている人も同じこと言ってるのを聞いたことあるが、こういう↑アタリマエなことが出来てない人(店)が最近は多くて、アタリマエなことをしているだけで、商売が成り立つというのだ。

たしかに、お店に入っても「いらっしゃいませ」&笑顔がなく、店主はPC画面とにらめっこしたままで、全く動かない店に出くわすこと、結構多い。
講演やコンサート、待ち合わせ等が遅れても謝罪ない場面も、頻繁にありすぎて最近気にしなくなってきてたりする。

こう書いてる自分も、実はアタリマエなことだけに、ちゃんと出来ているか不安だったりする。

ひとつづつ、丁寧に事柄を扱って生活すれば自然とできる、行動。

アタリマエなことをアタリマエに。(本日の教訓)