戯言中の戯言

かなり時間があいてしまった。
様々なことがどんどん押し寄せる。

嘘をついてまでも、人を傷つけたり陥れたり、
貴方にとってそれは、罪を犯してもする必要がある大事なことなのか。

楽になるためには人を傷つけてもいいのか。

自分を守る為に、人を悪者にしていいのか。

少数派はターゲットにされる社会でいいのか。

人を陥れる方法は簡単で、周囲の人間に、上手く風潮すると簡単に確実に堕落させることができる。

そして、周囲の人間はそういう下世話な話は大好物だ。

「ワクワク」で生きるのは楽しい。

しかしながら「べき」「~ならない。」で進む必要がある時もある。
↑この言葉尻は自分の中から外そう、としていたキーワードだったが、今時点では、はずせない状況下。

”生きる”は生半可じゃないのだ。

特に不器用な自分にとっては。

コメント

  1. Uchi より:

    かなり抽象的な表現にされていると思いますが、
    鈍い私でも、その行間にある思いはわかる気がします。
    またいつか直接お会いして、お話を聞けたら幸いです。

  2. とも乃 より:

    コメント有難うございます。
    本日、色々変化をとげました。
    後は進む、のみです。