手放しで「無農薬」を喜んではいけない理由

無農薬で育てると、トウモロコシ、麦類には「赤カビ病」がついてくる可能性がある。

この「赤カビ」物凄ーーーーーい代物で。
自然界でトップクラスの「発がん性物質」!!

それでは、赤カビ病の症状ない「トウモロコシ」選んで食べたら、大丈夫だろう、と思うだろうが、実はこの「赤カビ」、感染していても、初期症状が人間様の目には見えない場合も多い。

で、怖い、のが、この”初期症状”が見えない時期でも、しっかり「発がん性」物質はそこに存在しているのだ。

そこで、例。

実は豚等の飼料となるトウモロコシは無農薬栽培される。
勿論、その方が育てるコストが安いので。
なので、そのトウモロコシを人間様が食べてもいいのか、というと、上記理由から食べるのはNG。

・・・なのだけど、お肉に加工される豚はその飼料をパクパク食べた豚。

矛盾が生じる。

何故??その発がん性のトウモロコシを食べた豚の肉は、人間の口に入ってもいいのか。

その発がん性物質は、肝臓に蓄積される。
そして食肉部分には薄まった状態となるので大丈夫、というのだ。
特に牛等はカラダが大きいのですごく薄まる、ので大丈夫、との見解。
(あと多少、発がん性物質を分解もしてくれるらしい。)

これは、ある研究者に訊いた話なので、全部が全部事実であるかは、わからないが、トウモロコシの赤カビによる発がん性物質の部分は、かなり信憑性は高い。

手放しで無農薬野菜選択、一択というのも考え物、というハナシ。
ということで、麦やトウモロコシ類は、農薬が必要である、というのも納得できるのだ。

ちなみに、お米はそのカビはつかない。
米ってグルテンは含まれてないし、実は素晴らしい食材なのかもしれない。